MENU

名古屋市中区の鍼灸・指圧・光希治療院
Lighpe(ライペ)

TEL・FAX 052-222-3281

トップページ > 今週のちょこっと健康アドバイスindex > けがをして気づいたこと

けがをして気づいたこと

先日、アキレス腱のあたりをサクッと切ってしまい、歩くのが
少々不自由になっています。けがをしたことによりいろいろ発見がありました。
歩くには体重がかかる痛みや動きの制限による痛みがあり不自由なのですが、
車の運転には足を動かしても全く問題がないのです。車の運転はアキレス腱よりも脛側の
足首を使っています。むしろアキレス腱には負荷がかからないのです。
車を使って歩かない方は、脛周囲が固くなっていますが、理由がよく
わかりました。歩くのは殿筋や肩甲骨周囲まで動かす全身運動なのですが、
車の運転は脛から足首の部分的な作業なのです。PC操作の際の上肢の動きも同様、部分的
作業です。人間の動きは全身の協調性があったほうが一部に負担が集中しないのですが、
このように機械を操作するのは人間の動きが体の機能に反した局所使いの連続になるのです。
そして動きの要となる骨盤周囲は固定され制限が起きることで、全体の協調性は失われ、局所に
負担がかかり腰痛、肩こりなどの原因になります。
また、アキレス腱周囲が弱くなると、体重を支えるのも弱くなり、1日立っているとかかとが
痛くなりました。今はもう大丈夫ですが、これも足の筋力が落ちてかかとが痛くなる人の現象に
似ているなあと思いました。
やはり人間は歩くことを基本にした方がよいようです。
今はスムーズな動きができず、ストッパーを毎回かけたような歩き方になります。きっと体重を支える
溜めのタイミングでまだ踏ん張りがきかないのでしょう。左右の足がリズミカルにスムーズに動いて
歩くって素晴らしい協調運動だなあと改めて思いました。

鍼・灸・指圧 光希治療院ライペ トップページ院長の思い鍼・灸・指圧 東洋医学施術コースこんな方に・・・お客様の声治療院はこんなところアクセスのご案内スタッフ紹介リンクはじめての方もお気軽にご相談ください!お問い合わせTEL・FAX 052-222-3281今週のちょこっと健康アドバイスfacebook
Copyright© Lighpe. All Rights Reserved.
鍼・灸・指圧 光希治療院ライペ トップページ院長の思い鍼・灸・指圧 東洋医学施術コースこんな方に・・・お客様の声治療院はこんなところアクセスのご案内スタッフ紹介リンクはじめての方もお気軽にご相談ください!お問い合わせTEL・FAX 052-222-3281今週のちょこっと健康アドバイスfacebook