MENU

名古屋市中区の鍼灸・指圧・光希治療院
Lighpe(ライペ)

TEL・FAX 052-222-3281

トップページ > 今週のちょこっと健康アドバイスindex > #KuTooに思う

#KuTooに思う

私はこれまでハイヒールの強要をされる職場に就いたことがないので、どうしても履く必要を迫られる人がとても多いのに驚きました。

街で見かける人の歩き方を見て、ハイヒール履くなら、もっとかっこよく履けばいいのにと思える人が多いので、そんなに無理しなくてもいいのになんて思ったことはよくあります。一方、きれいに履いている人は、身体のラインも美しく、とっても素敵。ハイヒールも筋肉の使い方が上手なら、それほど足を傷めずに済みます。私の場合、もう10年から20年早くこのことに気が付けていたら、もう少しおしゃれ時にヒールを履く生活をしたかったな。アキレス腱がキュッとしまった足はかっこいい。でも、実はアキレス腱がキュッとしまってつま先立ちのような形になってしまった足は、尖足といって健康業界的にはよろしくない足なんですよね。健康とおしゃれは相反するのです。そう、ハイヒールを履きこなすために使う筋肉は、普通の靴を履くときに使う筋肉とは違うのです。早い話がかなり特殊だということです。ですから、一日立ち仕事で動き回るようなお仕事の方にはかなり適さない靴なのです。あくまでおしゃれをする時の靴です。自分の意志でおしゃれしたいときに履く分には女子力上がった感じでテンションも上がりますよね。要は、強要されるところに問題があるのだと思います。フラットシューズでどうしていけないんでしょう?きっと、男性は、女性がそれほど苦痛だと思っているとは夢にも思っていないのでしょうね。このような運動で、世の中の人がいろいろと気づくのはよいのではないでしょうか?

以前、職場でずっとハイヒールを履いていて、会社の方針でローファーになり、それからしばらくして膝の裏が痛くなり来院された方がいらっしゃいました。足がヒールの形にできあがり、若干膝裏が縮んだ状態だったのが、急にローファーになったことにより縮まっているところが無理に伸ばされたことが関係してそうです。ずーっとハイヒールを履いていた方がフラットシューズになり傷めることもあるということは知っておいてもいいかと思います。

私なりの靴の見解は、ヒールも履けるような筋肉を保ちつつ、無理せずフラットシューズもチョイスできる環境がいいと思ってます。いろんな高さの靴に対応できる筋力を維持していたいと思っています。

 

足でお困りの方もご相談くださいね。

鍼・灸・指圧 光希治療院ライペ トップページ院長の思い鍼・灸・指圧 東洋医学施術コースこんな方に・・・お客様の声治療院はこんなところアクセスのご案内スタッフ紹介リンクはじめての方もお気軽にご相談ください!お問い合わせTEL・FAX 052-222-3281今週のちょこっと健康アドバイスfacebook
Copyright© Lighpe. All Rights Reserved.
鍼・灸・指圧 光希治療院ライペ トップページ院長の思い鍼・灸・指圧 東洋医学施術コースこんな方に・・・お客様の声治療院はこんなところアクセスのご案内スタッフ紹介リンクはじめての方もお気軽にご相談ください!お問い合わせTEL・FAX 052-222-3281今週のちょこっと健康アドバイスfacebook